お子様の大切な歯を守るために~小児歯科~

お子様の大切な歯を守るために~小児歯科~

「乳歯はいずれ抜けて、永久歯に生えかわるから……」と、お子様の乳歯の虫歯を放置していませんか? 実は、その認識は謝りです。乳歯の虫歯は生えかわったあとの永久歯にも大きく影響し、歯並びや噛み合わせの乱れにもつながります。

お子様の一生の歯の健康は、乳歯の時期に大きく左右されます。名古屋市西区の歯医者「花の木歯科」では、お子様の大切な歯を虫歯やさまざまなトラブルから守るため、小児歯科に力を入れて取り組んでいます。虫歯の早期発見・治療から予防まで、当院がしっかりサポートしますので、お気軽にご相談ください。

お子様もご両親も、安心して通っていただけます。

当院では、お子様が怖がらずに歯医者に通えるよう、院内の雰囲気づくりから治療への入り方、スタッフの接し方など、さまざまな工夫を行っています。また、院内にはキッズスペースを設置。待ち時間にお子様が退屈しないよう絵本やおもちゃをご用意していますので、保護者の方にもお子様と一緒に安心して通っていただけます。

安心して通っていただくための取り組み

キッズルーム完備

キッズルーム完備

楽しく遊べるおもちゃや絵本など、お子様がリラックスして過ごせるキッズルームを設けました。

保護者の同席可能

保護者の同席可能

お一人で診療を受けることが難しいお子様には、保護者の方が同席してあげてください。大好きな家族がそばにいると、お子様は安心して治療を受けることができます。

頑張ったご褒美に、おもちゃのプレゼント

頑張ったご褒美に、おもちゃのプレゼント

治療を頑張ってくれたお子様には、最後にご褒美のおもちゃをご用意しています。次回の通院への意欲向上につながればうれしいです。

「歯医者さんは怖くない!」のために

「歯医者さんは怖くない!」のために

見慣れない器具が並び、マスクをした知らない大人と対峙しなくてはならない歯医者さんでの診療は、お子様にとって不安なものです。第一印象によっては、心理的に次の通院が難しくなってしまうケースもあります。当院では、そんなお子様の不安を少しでも和らげられるよう、患者様の目につく場所には薬品・器具をなるべく置かないように心がけています。

また、治療前には説明や練習を丁寧に行い、お子様の不安を取り除いてから治療に入ります。たとえば、シュッと空気が出るだけの器具も、突然お口の中で使うと怖いかもしれません。そのため、まずは手にシュッとしてみて、「こんな機械を使うよ。空気が出るだけだからね」と、知ってもらうことでお子様の不安や恐怖を取り除きながら治療を進めていきます。

お子様の歯を守るお子様向け予防メニュー

歯みがき指導

歯みがき指導

染め出し液でお子様のみがき残しをチェックしたあと、お口の状態に合わせて適切な歯みがき方法をアドバイスします。保護者の方には、適切な仕上げみがきのポイントや、ケアグッズの選び方もお伝えします。

シーラント

シーラント

奥歯の中心部には深い溝があり、歯ブラシが届きにくいため虫歯になりやすいポイントです。シーラントはこの溝をレジン(歯科用プラスチック)で埋め、汚れが溜まらないようにする処置。生えかわったばかりの永久歯だけでなく、乳歯に対して行うこともできます。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯質を強化する働きがあり、定期的に歯に塗布することで虫歯予防の効果が期待できます。

過剰歯の抜歯

過剰歯の抜歯

通常よりも多く生えてきた歯のことを過剰歯と呼びます。過剰歯がほかの歯を邪魔することなくきれいに生えていれば問題ない場合もありますが、お口のトラブルにつながりそうな過剰歯は抜歯が必要です。当院では、まずしっかりとお子様のお口の状態を把握し、その上で抜歯や経過観察など、適切な対応をご提案しています。