「噛むよろこび」を取り戻しませんか? ~インプラント・入れ歯~

「噛むよろこび」を取り戻しませんか? ~インプラント・入れ歯~

歯を失う原因はさまざまあります。虫歯や歯周病、外傷などで歯を失うと、周囲の歯へ悪影響を与えたり、全身のトラブルにつながったりする可能性があります。抜けた歯を放っておくのはとても危険。「目立たないから」「1本だけだし……」と放置せず、歯科医院で適切な処置を受けましょう。名古屋市西区の歯医者「花の木歯科」では、患者様のお口の状態に合わせ、入れ歯・インプラントなどの「噛むよろこび」「話す楽しみ」「キレイな見た目」を取り戻すための最適な治療をご提案しています。

抜けた歯をそのままにしておくと……

失った歯を放置すると、以下のようにさまざまなリスクがあります。

虫歯・歯周病 歯列に隙間ができるため歯垢が溜まりやすくなり、虫歯・歯周病リスクが高まります。
噛み合わせ・歯並び 歯を失うことで噛み合わせが乱れます。また、ほかの歯へも影響が及び、歯並びも乱れやすくなります。
咀嚼(そしゃく) しっかり噛むことが難しくなり、咀嚼が不十分になります。その結果、まだ食べ物が大きいまま飲み込んでしまい、消化器官にも負担がかかってしまいます。
見た目・発音 口を開けたときに歯のない部分が見える、空気が漏れて発音が不明瞭になるなどのリスクを伴います。

インプラントと入れ歯の違い

インプラントと入れ歯はともに失った歯を補うための治療ですが、以下のように、治療の方法やメリット・デメリットが異なります。

患者様のお口の状態・ご希望によって最適な治療は異なりますので、当院ではまず患者様にお口の状態、治療方法をしっかり説明し、じっくりとご希望をうかがいます。そして、その内容を踏まえ、患者様と一緒に最適な治療方法を決定。ご納得いただいた上で治療を開始します。患者様主体でカウンセリングを行いますので、「何をされるのかわからない」を払拭しながら私たちとゴールを目指しましょう。

  インプラント 入れ歯
  インプラント 入れ歯
メリット
  • 自然な噛み心地と見た目を実現できる
  • 違和感がない
  • 周囲の歯に負担をかけない
  • 治療が短期間で済む
  • 健康な歯を削らなくても良い
  • 費用を抑えられる
  • 多くの歯科医院で治療を受けられる
デメリット
  • 外科手術の必要がある
  • 費用が比較的高い
  • 治療期間が長くなる
  • 全身疾患などによって、治療できない場合がある
  • 発音に影響することがある
  • ずれたり、外れたりしやすい
  • 硬い物が噛みにくい
  • 顎の骨が痩せる
  • 見た目や機能性の面でインプラントに劣る

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療では、外科手術よって顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋め込み、そこへ人工歯を取りけることで失った歯を補います。当院ではまず、精密検査で患者様のお口の状態を正確に把握。その上で、インプラント治療以外の治療法も視野に入れながら、最適な治療法をご提案します。骨の再生療法にも対応しておりますので、他院でインプラント治療が難しいと言われた方も、ぜひあきらめずに当院にご相談ください。

インプラントは、メインテナンスの継続が不可欠です

インプラントは、メインテナンスの継続が不可欠です

チタンやセラミックなど高品質で生体親和性も高い人工素材を用いて治療するため、インプラント自体は半永久的に使用可能であり、虫歯にもなりません。しかし、インプラント周囲の歯ぐきは患者様ご自身のもの。そのため、インプラントのメインテナンスを怠ることで、歯周病のような症状を招く可能性があります。これを「インプラント周囲炎」と言います。このようなトラブルを防ぐためには、お口やインプラントの定期的なメインテナンスが欠かせません。当院では、治療後の定期検診を患者様におすすめしています。

入れ歯治療とは

入れ歯治療とは

入れ歯治療には保険診療と自費診療があり、種類も多様です。それぞれに以下のように特徴が異なります。花の木歯科では、豊富な経験とノウハウに基づき、患者様に合った入れ歯治療をご提案しています。保険診療でも満足できる入れ歯をおつくりしますので、まずはご相談ください。

  保険診療の入れ歯 自費診療の入れ歯
素材 レジン・金属などに限定 さまざまな素材が選べる
使用感
  • 違和感が出やすい
  • しっかり噛めないことがある
  • 食品の温度を感じにくい
  • 違和感が少ない
  • しっかり噛める
  • 食品の温度を感じやすい
メインテナンス 耐久性は低いが、修理・調整が容易にできる 耐久性はあるが、修理・調整に時間がかかる
見た目 やや不自然 自然
費用 一部負担 全額自己負担

花の木歯科の入れ歯メニュー

種類 費用 素材・特徴

レジン床

レジン床

保険診療 すべての素材にレジンを使用して作る入れ歯です。厚くなるため、違和感が伴いやすくなります。

金属床

金属床

自費診療 歯ぐきにあたる部分が金属でできた入れ歯。薄いため装着時の違和感がほとんどありません。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

自費診療 バネを使用しない入れ歯で、使用時に目立たないことが特徴です。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

自費診療 磁力で固定するタイプの入れ歯。残った歯への負担が軽く、見た目も自然です。